離婚調停と親権について

Pocket

離婚する人が年々増え続け、今や3組に1組が離婚すると言われています。離婚理由には、性格の不一致、どちらかの不貞行為、DV、モラハラ、経済的理由、義理の両親との不仲など挙げたらきりがありません。当人同士で話し合いがつかない場合、離婚調停を行います。慰謝料や財産分与がメインですが、お子様がいる場合は、親権争いが起こることが多々あります。弁護士を雇う際、「離婚はしたいけど親権は絶対に獲得したい」と訴える方も少なくありません。

親権争いのポイントはお子様が幸せな生活を安定して送れるかどうかです。弁護士に相談される方の中に「相手が不貞行為をはたらいて浮気に至ったのだから自分が親権をとれますよね!」と主張される方が多いですが、それは大きな間違いです。不貞行為での夫婦関係の破綻と、子供の安定した生活を送れるかは無関係なのです。また、親権の割合は9割が母親側となっている実態があります。つまり妻に浮気をされたから、親権は夫側になるというのは間違いです。他の部分で自分をアピールしなくては男性が親権をとるのはとても難しいです。離婚調停を円滑に進めるためには離婚調停専門の経験豊富な弁護士を雇う必要があります。

本サイトでは、離婚をお考えでなおかつ親権を絶対手放したくない方向けに、裁判所で主張すべきポイントや弁護士に相談した場合の費用、親権をとるための自己分析の方法、男性が親権をとるための方法などについてご紹介します。