弁護士費用は

Pocket

離婚で弁護士に支払う費用はだいたい60~70万が平均です。着手金として30万程度、さらに裁判が終わった後、残りを報酬金として弁護士に支払うのが一般的です。その他、戸籍謄本などの必要資料の準備や調停までの交通費などがかかります。そんな大金すぐ用意できないという方も安心してください。弁護士によっては、付き1万程度の分割払いを受け入れてくれるところも多いです。

ただ、弁護士に依頼されるときは、どこまでがその金額の範囲なのかを必ず確認しましょう。離婚調停ですべてが解決するわけではありません。むしろ、離婚調停で決着がつくほうが稀です。離婚調停が不成立になると、離婚訴訟を提起することができます。裁判で白黒つけるのです。

そのためには訴状を提出するのですが、訴状には、どんなに相手が悪いのかを感情的に書くのではなく、証拠の提示とゆるぎない判例の事実や法律条文を合理的に明記しなくてはいけないので法律を熟知した弁護士の力で大きく結果は左右します。また、弁護士へ離婚の相談をしておけば、自分は裁判に参加しなくてもよいメリットがあります。平日の日中に行われる裁判は、仕事や子育ての障害になるので代理をお願いできるのは大きなメリットです。